院長のコラム

2017.10.06更新

今さらながらの感はありますが、基本的なお手入れ用品の説明です。
・歯ブラシ
  まず基本はやはり歯ブラシです。
  良い歯ブラシの選び方は、ヘッド部分が小さく毛先が細いものです。
  私のお勧めの商品は、ビーブランドのBeeクイーン105とライオンの  システマ44Mです。
システマ44Mは歯周病専用して勧めており、歯周ポケットが深い部位にも届きやすい毛先の形状を持っています。
また歯周ポケットがあまり深く無い方には、クイーン105が使いやすいでしょう。
クイーン105はオールマイティーな歯ブラシで、どれにしようか迷ったときは、これが一番のお勧めブラシです

・フロス(糸ようじ)
  歯と歯が接している部分のムシバはフロス以外では防げません。
  初めて使う場合は、リボンタイプの、ワックス付が使いやすいと思います。
  ですが、使い慣れたら商品は何でもOKです。
  習慣にしてもらうことが一番大事です。

・歯間ブラシ
  歯の根元付近の隙間の部分の清掃は、歯間ブラシが最適です。
  特に、歯周病がある程度進行している場合には、フロスよりも効率よく  清掃ができます。
  特に、よく爪楊枝を使う人は、ぜひ1本ポケットにしのばせておいてください。使い慣れるともう爪楊枝を使う気にはなれませんよ!

基本的には上記の3種できちんと掃除ができますが、場合によっては歯周ポケ
ットをより深く掃除するための道具や、電動ブラシをお勧めしていることもあ
ります。
自分にはなにが合っているのか迷われたときには、歯科衛生士のアドバイスを
受けられることをお勧めします。

投稿者: 鈴木歯科クリニック

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ